larger default smaller
次ページ

2013年09月05日(Thu)更新

家電寿命

               
               
        ダッ ダッ ダッ ダッ ダッ ダッ ・・・・・・・・・    
               
               
        目をつむっていれば、どこぞの工事現場だ。        
               
               
               
脱水と同時に、これが我が家のいつもの洗濯タイムの午前7時台に始まるのだから
連日猛暑が続いたこの8月でも、ご近所への音と振動の漏れを少しでも緩和しようと
洗濯機の置いてある一階の脱衣所の爆音が聞こえると同時にすっ飛んで駆け降り
窓もドアも慌てて閉め切って汗だくになるという光景がここ二週間ほど続いていた。
               
僕の素人判断でも明らかに致命的な故障だ。      
               
二槽式ではない全自動の大きめの槽を吊り下げているスプリングが伸びたかズレて
脱水時に回転する槽が洗濯機の枠フレームに内側から当たっているのに違いなかった。
               
週末に家電店へ行くより早かろうと、家内が慌てて新しい洗濯機をネットで購入したが
家電メーカーから取り寄せて配送設置までのあいだ、ご近所さんに圧倒的に気を使う  
我が家の工事現場的臨場感は二週間続いて、暑いにもかかわらず冷や汗ものだった。
               
               
この週末、ようやく届いた。          
               
おもちゃの箱を開ける子供みたいに早速試運転してみるとのけぞるほど静かだ。        
               
例えるなら、以前の我が家の洗濯スペースが
80年代に通った、千日前の食堂ビルの地下にあったディスコから
今は、結構なお点前でお茶をたててもらう京都の奥座敷の茶室ぐらいの差に感じる。
 
               
               
とうとう寿命を全うし、我が家の洗濯を長年独りで担ってくれた洗濯機には
ホコリ一つなく綺麗に拭き上げた後、盃一杯のお酒を振りかけ労をねぎらった。  
               
配達の兄ちゃんには            
               
       『 もう寿命かと諦めてねェ・・・        
            僕には修理の選択肢は最初からなかったんよ! 』  
               
本音で言うなら少しは修理ということも頭をよぎったがそこは太っ腹な家長を演じた。
               
そこは電気屋さんも商売だ。          
               
もし修理できそうでも、修理賃と新品の販売利益とでは雲泥の差が有るのだろう。  
               
            『 そ・・そうですねェ!(苦笑い) 』      
               
ちょっとだけ言い淀んだのはつまりそういう事だと、僕の嗅覚は相変わらず敏感だ。  
               
               
      『 ところで、洗濯機の平均寿命ってだいたいどれぐらいなの? 』  
               
僕は取り立てて他意もなく、ただただ純粋にそんな質問をぶつけてみた。  
               
             『 だいたい7年ですねェ!(苦笑い) 』    
               
僕は絶句した。            
               
修理という選択肢を潔く放棄し、迷わず新品を依頼した太っ腹な筈の家長の沽券は  
この7年説で見事に粉砕された。          
               
201309051745_1-180x0.jpg              
(長年の勤めを終えてこのたび勇退した我が家のナショナル洗濯機ファジィ愛妻号)              
               
これを購入したあの頃、家電製品にもファジィという当時の流行語が取り入れられていた。
               
ファジィの名のもとに、それがいつ頃なのか曖昧にしたいがここは白状するしかない。
               
               
今回寿命を迎えた我が家の洗濯機は、正真正銘の家内の嫁入り道具なのである。
               
つまり、23年間毎日使い続けてこの11月で24年目を迎える筈の古参機だったのだ。  
               
配達の兄ちゃんの、キョービの洗濯機寿命7年説を信じるなら    
我が家の洗濯機は、その寿命を何と3周半していることになる。    
               
そんな常識も知らず、修理の選択肢を放棄するから太っ腹と勘違いする我が身を恥じた。
               
             『 だいたい7年ですねェ! 』      
               
そう反応した、仕事柄我が家の旧い洗濯機の年式も熟知する配達の兄ちゃんの  
遠慮と呆れの複雑に入り混じった苦笑いの意味が、ようやく理解できて絶句したのだ。
               
               
    平均寿命の3周半・・・・人間に置き換えたら          
               
               
              日本人の平均寿命      
                   男性が79.59歳 女性が85.35歳    
               
               
何歩か譲って我が家の洗濯機が男性と仮説したら79.59歳×3周半=278.565歳
               
               
               
    寿命も寿命・・・あの泉重千代翁もひれ伏す 大・大・大往生やん!  
               
               
               
                                 ・・・それをまだ修理て!(笑)
               
               
               
             
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     成功の反対は決して失敗とは限らない    
          学びの経験として必ず後に活きる    
     勇敢にチャレンジする事が大切なのだ    
       そして成功か、学びの経験を着実に得ようではないか!  
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             
  コクホー株式会社 ホームページ      
             
  国産最高級皮革ビジネスかばん      
    “國鞄” 専用WEBサイト      
             
         鞄  かばん  カバン        
            鞄屋 コクホー㈱  庄山 悟    
             
             

2013年08月23日(Fri)更新

【編集部からのお題】『夏の思い出』 不味そうなモモ肉

               
 どうせ離れるなら特に腹周りに頑固にまとわりついた    
我が身から潔く離れて、この醜い典型的な中年体型から脱却するなら歓迎なのだが・・・
               
              ほんまにブチッと音がした。      
               
               
その瞬間、前回のワールドベースボールクラシック日本代表選出の巨人の村田選手が
一塁ベースを駆け抜けると同時に、これ以上ない苦悶の表情で太腿の裏側を押さえて
誰が見てもすぐ判る “肉離れ” で退場、球場から病院に直行したのを思い出した。
               
それで村田選手はやっと手に入れたWBC日本代表の座をあまりにも呆気なく手放し
翌日成田空港へ帰国した時は車椅子の痛々しい姿だったのも鮮明に覚えている。
               
               
 お盆休みの初日、家内の実家へ帰省して近くで親戚が集まって食事を済ました後
僕と、高校生と陸上自衛隊員の二人の甥っ子とで、産業道路を歩いて帰宅する横を
残る女性陣や幼い甥っ子たちを乗せた車が僕らを追い抜こうとした瞬間だ。  
               
盆の解放感でボルトにでもなった気分でその車に並走する形で全力疾走を始めたら
バリバリの現役陸上自衛隊員の甥っ子にも、僕のそんなイチビリ感が自然に伝染し
二人並んでの全力疾走となったが、車は当たり前だが奴にも簡単に抜き去られた。
               
後で聞いたら車内では、 『 結構早いわね! 』 や 『 なかなかカッコイイじゃん! 』
少しは期待したそんな評価は微塵もなく、 『 車に勝てるわけないじゃん! 』  
車窓から薄瞼で見る、そんな冷やかな反応が狭い車内空間を支配していたそうだ。
               
そうとも知らず、音がしてすぐそれと判った“肉離れ”を起こした右足太腿の裏側を押さえ
車尻を恨めしく目で追い、絶対先に立たない後悔を苦く味わっていたのである。  
               
               
 翌朝、高校生の娘を連れて某巨大なテーマパークを訪れた。    
               
辛うじてその魅力に負けて親と同行した娘だが、僕と訪れるのもきっと最後の機会だ。
               
痛む太腿にムチを入れるように、我慢に我慢を重ねて右足を引きずりながら  
朝8時の開園前の行列に並ぶところから、僕の苦悶の一日は始まった。  
               
だが、僕が自業自得したそんな肉体的な苦痛なんか誰も知ったこっちゃない。  
               
開園と同時に雪崩込むように入場し、予定通り娘は独りで一番人気のアトラクションの
ファストパスの列に、いかにも慣れた足取りで並びに向かった。    
               
僕はいきなり娘とは別れて、家内と共に豪華客船をモチーフにしたレストランの  
プライオリティー・シーティングの予約のため一目散に走った・・・と言いたいが  
右足太腿を押さえながら、先走る家内の後を必死で追いかけるしか無かったのだ。
               
あまりにも痛いのはヤマヤマだったが、僕の、名誉ではなく自業自得の負傷を理由に
何カ月も前から母娘が練った計画をブチ壊すわけにもいかない辛すぎる立場だった。
               
肉離れだ・・・普段から身体を鍛え抜いたプロ野球選手でも翌朝は車椅子だったのに
僕は、安静どころか激痛に耐えながら小走るわけだからこれ以上の苦悶も無い。
               
酷暑由来の汗と激痛由来の汗が混ざり、サウナ上がりのようになってやっとたどり着いた。
               
予約は家内が予定通り11時にゲットしたが、僕は放心状態でその作業を見ているだけだ。
               
これも、普段苦労を掛ける家内と娘への孝行だと思えばこそ耐えられた苦行だが
何度も言うが、車椅子を使っていても不思議ではない右足太腿の痛みだったのだ。
               
               
そんな壮絶な苦労の甲斐あって午前11時予約を入れていたレストランで席に案内された。
               
ところが、大きなフロアに何テーブルも整然と並んでいたが誰も着席しておらず  
僕達と、遠くのほうの席に2~3組の客がチラホラ見える程度だ。    
               
レストランの入り口あたりを注視してみると、どうやら予約もなしに一見さんで来た客が
ふふふ~ん♪と、鼻歌でも奏でそうな呑気な表情で次々と席に着いているではないか?
               
やがて正午ごろにはほぼ満席になり、僕は躍起に溜飲を納めることに努めたが  
確実に11時に店に入れるのであれば混むお盆でも予約は必要なかったということになる。
               
あの、入園直後の苦悶の予約ダッシュが悪夢のように頭の中でリフレインした。  
               
雰囲気は抜群の店だったが、なんやチョッピリ悔しくてアホらしげな早めのランチとなった。
               
               
         ローストビーフのすごく美味しいレストランだったが・・・・    
               
               
肉離れ” の呼び名通り、僕から離れた右脚太腿裏側のサシの程良く入ったモモなら
どんな名コックがローストしたところで不味そうな、この夏の痛すぎる思い出だ。(笑)
               
               
               
                          ・・・今日8月23日現在、まだズキズキ痛む。
               
               
               
               
             
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     成功の反対は決して失敗とは限らない    
          学びの経験として必ず後に活きる    
     勇敢にチャレンジする事が大切なのだ    
       そして成功か、学びの経験を着実に得ようではないか!  
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             
  コクホー株式会社 ホームページ      
             
  国産最高級皮革ビジネスかばん      
    “國鞄” 専用WEBサイト      
             
         鞄  かばん  カバン        
            鞄屋 コクホー㈱  庄山 悟    
             
             

2013年08月19日(Mon)更新

お別れの夏

               
 一昨年に亡くなった父の親友で、僕が大政小政と親分的な存在として慕うお二人。
               
   2012.09.21の関連記事  →  【父が遺した弟分(親分)】    
               
そんなお二人が先月半ばと今月(このお盆のさ中)立て続けに最愛の伴侶を亡くされた。
               
僕にとっては、お二人にも負けないほど世話になった姐さんたちなのである。  
               
               
昨日の告別式で、喪主の挨拶に立った小政親分は      
               
『 私の身の八割は家内に支えられていたと言っても過言ではございません。  
   独り残された今は途方に暮れるばかりですが      
    幸い子供達が支えると言ってくれておりますので      
      残るこの人生を、精一杯誠実に生きて行く所存でございます。 』  
               
涙で詰まりながら、そう立派にご挨拶された。        
               
               
僕も若い頃から、いや幼い頃から可愛がってもらった優しい姐さんたちなので  
今年の夏はとんでもなく淋しい、辛い、悲しい、お別れの夏になってしまった。  
               
               
     甚だ僭越だが、こんどは僕も大政小政の両親分を
                     少しでも支える番が来たと思っている。
 
               
               
               
             
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     成功の反対は決して失敗とは限らない    
          学びの経験として必ず後に活きる    
     勇敢にチャレンジする事が大切なのだ    
       そして成功か、学びの経験を着実に得ようではないか!  
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             
  コクホー株式会社 ホームページ      
             
  国産最高級皮革ビジネスかばん      
    “國鞄” 専用WEBサイト      
             
         鞄  かばん  カバン        
            鞄屋 コクホー㈱  庄山 悟    
             
             

2013年08月05日(Mon)更新

上等じゃね~か!

               
               
 こんな粗暴な言葉遣いへの批判を覚悟で・・・        
               
                 『 上等じゃね~か! 』      そんなふうに思う。  
               
               
表彰状のことを真顔で 『 しょうひょうじょう 』 と発音するような威勢のいい江戸っ子なら 
喧嘩の買い言葉が常套だろうが、河内弁丸出しの僕はほんまに上等だと思うのだ(笑)
               
               
               
先週の月曜日、新入社員の歓迎会を兼ねた会社の暑気払いパーティーを開催した。
               
201308051751_1-200x0.jpg              
               
会場は会社に最寄りのシティホテルのテラスを開放した小ぢんまりしたビアガーデンだ。
               
                『 上等じゃね~か! 』      
               
この夏は大阪も連日猛暑に見舞われ、どこのビアガーデンも漏れず活況を呈しているが
案の定、開催候補週直前になっての10名もの予約作業は困難を極めた。  
               
それでも辛うじて確保できた会場だが、月曜日というあいにくの条件を呑んでのことだ。
               
予定日前夜から雨が降り続き、開始予定時刻の降水確率は50%だった。  
               
最近はどこもそうであるように、このビアガーデンもポピュラーなビュッフェスタイルで
オプション設定にあった人数分のバーベキューセットも社員には内緒で追加しておいた。
               
雨なら室内の宴会場に移っていただくのでBBQはご容赦との係の方の説明だったが
なんとか空模様が持ち直し、無事に冷えたビールを美味しくテラスで味わえたのである。
               
                『 上等じゃね~か! 』      
               
201308051751_2-150x0.jpg              
               
大阪人に、自慢できる大阪スポットを挙げさせたら間違いなく大阪城が噛んでくる。
               
この日のビアガーデンは僕の独断で選んだのだが、目の前に大阪城を望みながら
生ビールを飲めるロケーションが、このホテルを選んだもう一つの大きな理由だったのだ。
               
201308051751_3-300x0.jpg              
               
夕方も7時を回れば徐々に西陽の影響が薄れ、昔のラブホにも多用された青緑色から
近年に白っぽい自然色に変わった大阪城のライトアップが分単位でどんどん冴えてくる。
               
朝から降った雨の影響で、多少蒸し暑くは感じたが 『上等じゃね~か!』 な宴だった。
               
               
               
お城好きの僕の “夢” と言うよりはもうちょっと手前に位置する “目標” の一つに
大阪城が見える場所に、デ~ンとオフィスを構えたいというのがある。  
               
年中鳥が飛び交い、夏はセミも若芽も地を這い出、気が向けばすぐに散歩もできる。
               
春には梅も桜も思いっきり堪能できるし、海外や遠方のお客様に観光案内もすぐできる。
               
なによりあの、どっしり馴染んだ天守閣を見たい時に見れるのが僕には垂涎なのだ。
               
               
   ・・・ とはいえ            
               
               
   今こうしているこの場所(会社)も、大阪城からそう遠く離れているわけではない。
               
   わざわざ取り出すまでもない自分の名刺をわざわざ取り出して繁々と見つめる。
               
   我社は大阪城から東側近くに位置することをあらためて噛みしめてみたのである。
               
               
               
               
201308051751_4-300x0.jpg              
               
               
    コクホー株式会社          
    〒536-0021  大阪市城東区・・・              
                        
             
               
                     『 上等(城東)じゃね~か! 』   (笑)  
               
               
               
               
               
               
             
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     成功の反対は決して失敗とは限らない    
          学びの経験として必ず後に活きる    
     勇敢にチャレンジする事が大切なのだ    
       そして成功か、学びの経験を着実に得ようではないか!  
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             
  コクホー株式会社 ホームページ      
             
  国産最高級皮革ビジネスかばん      
    “國鞄” 専用WEBサイト      
             
         鞄  かばん  カバン        
            鞄屋 コクホー㈱  庄山 悟    
             
             

2013年07月31日(Wed)更新

いわくつきよりも・・・

               
んなもなぁ前人未到の高峰か未開の孤島でもない限り、いわくなどつきもんなのだ。(笑)
               
               
今朝のWEBニュースでこんな記事が目にとまった。      
               
               
●首相公邸 『幽霊出るから嫌!』        
               
きのう30日の晩、自民党の幹部を首相公邸に招いた会食で    
就任から半年以上経っているのに自身がまだ首相公邸に入居しないことについて触れ
『二・二六事件の舞台になった場所なので、犠牲者の幽霊が出るとの噂が絶えない』
その釈明が本気か冗談なのかは定かではないが、安倍総理はそう話したという。
               
               
二・二六事件の幽霊?  それを聞いて僕はもっと怖いものを思い出した。  
               
確かに二・二六事件は教科書に載るほど有名だが      
それこそ邪馬台国の時代から有名ではない事件や事故や、ましてや戦(いくさ)などで
犠牲者の一人も出ていない土地など、日本中探してもそう簡単には見つからない。
               
だから、前人未到や未開が確実に証明できない限り、いわく因縁つきの土地・・・
いや!いわく怨念つきの土地など、この日本には探さなくてもそこらかしこにあるが
そんなことに怖気づいていては、日本での生活など成り立たないのではなかろうか?
               
               
               
幼い頃は、そんないわくつきの怨念なんかよりも      
いつも遊んでいた神社が薄暗くなる夕方に、母屋から決まって現れる歯が全部抜けた
特に左目が甚だしい眼瞼下垂で、お岩さんより鋭く僕らを下からヤブ睨む  
白髪あたまをザンバラに、地球の重力に忠実なスルメのように伸びて垂れたオッパイを
洗いざらしのシュミーズから半分以上出した、モ~やんとこのババァ(曾祖母)の  
旧い掛け軸の画に出てきそうな容貌の方が1万%以上怖ろしかった。  
               
僕の脳裏に40年以上前に焼きついたそんな怖い画像は、まだクッキリ鮮明なのである。
               
   『 あんたら子供は陽ィ落ちたらサッサと帰らな      
       海向こうから来た子取りにさらわれて雑技団に売られるんやでぇ! 』
               
瀕死のトッポジージョみたいなシャ枯れた声でそう嚇されるのがホンマに怖ろしく  
文字通り僕らは蜘蛛の子を散らすように解散し、それぞれが全力疾走で帰宅した。
               
               
僕が育った河内地方は、歴史的にもいわくつきのものやことで足の踏み場もない。
               
楠正成の嫡男として僕の地元の河内に生まれた南北朝時代の武将 楠正行(まさつら)
               
               
201307311810_1-250x0.jpg              
(あの頃はあまり深く考えないで暗くなるまでよく遊んだ公園に隣接する楠正行の○○)
               
               
   二・二六事件現場ではないが、こんないわくつきの場所と比べても・・・  
               
               
               
     僕らにとっては、幽霊よりモ~やんとこのババァのほうがはるかに  
               
                              ・・・1万%、いや2万%以上怖かった。
               
               
               
             
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     成功の反対は決して失敗とは限らない    
          学びの経験として必ず後に活きる    
     勇敢にチャレンジする事が大切なのだ    
       そして成功か、学びの経験を着実に得ようではないか!  
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             
  コクホー株式会社 ホームページ      
             
  国産最高級皮革ビジネスかばん      
    “國鞄” 専用WEBサイト      
             
         鞄  かばん  カバン        
            鞄屋 コクホー㈱  庄山 悟    
             
             
             
             

2013年07月23日(Tue)更新

見えすぎちゃっても困らない

               
           ♪ 見えすぎちゃってぇ困るの~       
               
               
そのCMがオンエアされていたのは僕が幼稚園か小学生の頃だっただろうか?  
               
今の時代なら、わざわざ打つメリットを先に考えてしまうだろうTVアンテナの懐かしいCM。
               
               
冒頭の歌詞♪を、スタイル抜群の若い女性が若干鼻にかかった妖艶な声で歌いながら
見えすぎるのは、感度抜群のアンテナに依るテレビのブラウン管画像と思いきや  
白い下着が微かに透ける、スケスケのネグリジェ姿で腰をクネクネくねらすオチなので
なんや見てはならんものを見るような、幼さに起因する薄蒼い罪悪感を抱かされつつ
一方で(見えすぎても困れへんで!)というツッコミをそのCMに入れるマセた子供だった。
               
そういえばスポーツカーが猛速で通り過ぎた後 『Oh!モーレツ!』とのリアクション付きで
小川ローザのミニスカートが車の風圧で、おおかたの男子の期待通りにまくれ上がり
妙な清潔感に支配された純白のパンツが丸見えになる日石ダッシュのCMも然り。
               
今思えば何て事のないアニメーションなのに、メスのカッパの裸の上半身に頬を赤らめた
カッパ黄桜酒造の日本酒のCMにも似たような感覚を得る、罪の無いエッチな時代だった。
               
               
               
 会社の商談室の椅子とテーブルを一新した。      
               
これまでは、お客様には革張りの二人掛けソファーに深く腰を降ろしていただき  
対面するこちら側は、肘かけ付きの二脚の椅子で間にローテーブルを挟むカタチだった。
               
これが商談だけでなく、お取引の契約など事務的な作業には特に不便だったのだ。
               
低いソファーに落としてもらうお客様の腰は思いのほか深く落ち、不自然に前屈みに  
同じく低いテーブル越しにお互いの目線が微妙にミスマッチするようにいつも感じていた。
               
弊社には間違ってもそんなお客様はおみえにならないので敢えて例に挙げるが  
万が一、往年の桜田淳子や伊藤咲子がミニスカート姿で鞄を仕入れにみえたら  
商談のあいだ中、僕からパンツが丸見えになると予想される革張りソファーだったのだ。
               
まだ捨てるには惜しい新品同様のソファーだったがローテーブルと椅子と共に潔く廃棄し
それなりの高さのある、硬めの椅子とテーブルに思い切って入れ替えた。  
               
ここまで、今までの革張りソファーとローテーブルを散々こき下ろし      
テーブルの下の棚には、ティッシュボックスや電卓や偶に昼休みに読む経済雑誌など
多少乱雑に置いてあっても、もちろん商談中は相手にも見えなかったが  
今回入れ替えたテーブルは、実はそうはいかなくなったのである。    
               
商談室を少しでも開放的に広く見せようと透明強化ガラス製のテーブルを選んだのだ。
               
201307231815_1-250x0.jpg              
               
当然透けるので、これまでのようにティッシュボックスや電卓や雑誌を収納できなくなった。
               
その代わりに、弊社の会社案内や商品カタログの代表的なものを数種類選んで下面棚に  
十数部づつ重ねて几帳面に配置し、透けた景色ごとインテリアと化すようにしたのである。
               

201307231815_2.jpg
             
               
これで要らんものをテーブルの下棚に一時隠すことも、乱雑に置くことも出来なくなって
反対に必要な時に保管場所へ取りに走っていたカタログ類を即時取り出せるようになった。
               
               
               
               ♪ 見えすぎちゃってぇ・・・      
               
               
                               
                           ・・・ウチの場合は困らないのである。(笑)
               
               
               
               
               
               
             
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     成功の反対は決して失敗とは限らない    
          学びの経験として必ず後に活きる    
     勇敢にチャレンジする事が大切なのだ    
       そして成功か、学びの経験を着実に得ようではないか!  
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             
  コクホー株式会社 ホームページ      
             
  国産最高級皮革ビジネスかばん      
    “國鞄” 専用WEBサイト      
             
         鞄  かばん  カバン        
            鞄屋 コクホー㈱  庄山 悟    
             
             

2013年07月16日(Tue)更新

ハラモチ(腹持ち)

               
               
     あろうことか、夕方大阪へ帰ってきてからも全然お腹がすかない・・・  
               
               
それもそのはずだ。(笑)          
               
おおかた炭水化物なのだからハラモチ(腹持ち)がいいのは当たり前のハナシで  
それだけではなく、1.2倍と1.5倍の二通りから選べるこのお店の大盛りサイズの
実は躊躇いなく後者を選んで注文したことが、その主因をなすと白状しておく潔い僕だ。
               
               
       思いついたようにフラっと名古屋へ行ってきた。    
               
               
僕の舌感覚とよほど相性がいいのか、名古屋メシが実に美味いのである。  
               
               
思えばここ1~2年のあいだに・・・        
               
矢場とん本店まで行って、近くで見てもまっ黒けにしか見えない味噌カツも食べた。
あつた蓬莱軒本店まで行って、2時間(整理券配布)待ってひつまぶしも食べた。
宮きしめんの伊兵衛(店)まで行って、熱々の味噌煮込みのきしめんも食べた。  
風来坊や世界の山ちゃんでは、カラりとした手羽先と冷たいビールで何度も咽を洗った。
直近では味仙の台湾ラーメンも、ヒーヒー汗かきもってすすったがやっぱり美味辛かった。
               
               
そんな独特な名古屋メシの色々あるなかでも、群を抜いてジャンキー感が支配しまくる
 “あんかけスパゲティ” なるものを僕はまだ一度も食べたことがなかったので  
その発祥の店と言われているヨコイさんまで足を運んでがっつり(1.5倍)食ったのだ。
               
201307161605_1-300x0.jpg              
               
たしかに、大阪ではお目にかかれないスパイシーな名古屋のあんかけスパゲティは
いかにも名古屋メシらしい、お店や客層も含めて異種独特の雰囲気の中で味わった。
               
               
               
               
今回の訪名の主たる目的が、そのどちらにあったかの明言は控える食い意地男だが
2009年から復元工事を開始し、第一期工事部分(玄関と表書院)がこのたび完成し
先月から一般公開されている尾張名古屋城の本丸御殿もランチ後に確と見学してきた。
               
201307161605_2.jpg

201307161605_3.jpg

201307161605_4.jpg
             
               
まだ残す2期工事が平成28年に          
3期の復元工事完成で、全ての工期を完了するのは平成30年を予定しているそうだ。
               
201307161605_5.jpg              
(尾張名古屋城)
 
             
               
梅雨明け早々の恨めしい曇天の中、あんかけスパと名古屋城に終始した一日だった。
               
               
               
    この両者、世間一般の皆様にはあまり関連なさそうに思えるだろうが・・・  
               
               
               
めっぽう下手ではあるが、民謡なら河内音頭がなんとか人に聞かせられるレベルで
次いで江州音頭よりは歌う機会の少なくない伊勢音頭にこんな有名な一節がある。
               
               
               
       ♪  伊勢は津で持つ         
               津は伊勢で持つ        
                   尾張名古屋は城で持つ~       
               
              ( そらそら や~とこせ~ よ~いやな~♪ )  
               
               
               
               
               
                ・・・そして僕の腹は、あんかけスパで持つ~ ♪♪♪ 
               
                                     ( あ~ヨイヨイ ♪(笑) )
               
               
               
               
               
               
             
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     成功の反対は決して失敗とは限らない    
          学びの経験として必ず後に活きる    
     勇敢にチャレンジする事が大切なのだ    
       そして成功か、学びの経験を着実に得ようではないか!  
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             
  コクホー株式会社 ホームページ      
             
  国産最高級皮革ビジネスかばん      
    “國鞄” 専用WEBサイト      
             
         鞄  かばん  カバン        
            鞄屋 コクホー㈱  庄山 悟    
             
             
             
               
               
               

2013年07月08日(Mon)更新

               
               
 甲乙のオツではないゼ~っ!・・・ゼットだ!        
               
僕らの世代は、ももいろクローバーでもマジンガーでもないゼ~っ!・・・フェアレディだ!
               
               
そんな前説を欠かせないほど、“フェアレディZ” という愛称を聞く機会は今グンと減った。
               
               
               
               
会社で旧い書庫を整理していたら、一昨年亡くなった父の蔵書がまた何冊も出てきた。
               
そこそこ値打のある本もあったが、殆んどがもう何十年も頁を開いていないので処分した。
               
もちろんビジネス関係の本なんかは、ソース自体が旧いので捨てるのに躊躇いはないが
何故かそこに混じっていた、スポーツカー(日産フェアレディ Vol Ⅰ~Ⅲ)の写真集だけは
モータースポーツにあまり関心の無い僕でも、少なからず興味が湧きまだ捨てきれん。
               
201307081750_1.jpg              
(昭和52年の初版だから36年前のフェアレディの豪華な写真集3冊組はまだ新品同様だ)
               
               
キーハンターの頃の千葉真一がCMキャラクターを務め “決まってるね千葉ちゃん!” の
懐かしいキャッチフレーズで昭和50年代前半によく売れていたNEWカリーナハードトップ。
               
ティアドロップのサングラスをかけ、NEWカリーナのハンドルを指先の出た革の手袋で握る
若々しい姿を思い出すが、当時の父はフェアレディZに乗るほどの車狂ではなかった筈だ。
               
僕はまだ小学生だったが、実は父が密かにフェアレディZに憧れていたのかの証左は
今となっては計る手だても無い。          
               
               
この写真集のそんな発見経緯は後回しにしても、流れるようなボディラインや色づかい
どの頁からも力強く粘り強いエンジン音が聞こえてきそうな魅力いっぱいの写真集だ。
               
201307081750_2-300x0.jpg              
               
36年前のカッコいいスポーツカーは、今あらためて見ると美術的にも無茶苦茶美しい。
               
201307081750_3-300x0.jpg              
               
一冊3,800円と表示されているので、当時はそこそこ高価なものだったに違いない。
               
201307081750_4-300x0.jpg              
               
仮に僕が往年のモータースポーツファンなら垂涎の3冊評価に揺るぎ無かったはずだが
いかんせん車に俊敏性や機動性、高速性能やハンドリングなんかには無頓着な僕だ。
               
今の時代に若い人が熱狂的に追いかけるモモクロの写真集への執着とは質を異にするが
この写真集・・・捨てるかもう少しだけ美術的価値を理由に保存しておこうか大いに迷う。
               
               
               
            ただ ・・・ 3冊合わせるとそこそこ嵩張って    
                       のけぞるほど重たいのも事実だゼ~~~(Z)っ!
               
               
               
               
               
             
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     成功の反対は決して失敗とは限らない    
          学びの経験として必ず後に活きる    
     勇敢にチャレンジする事が大切なのだ    
       そして成功か、学びの経験を着実に得ようではないか!  
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             
  コクホー株式会社 ホームページ      
             
  国産最高級皮革ビジネスかばん      
    “國鞄” 専用WEBサイト      
             
         鞄  かばん  カバン        
            鞄屋 コクホー㈱  庄山 悟    
             
             

2013年07月01日(Mon)更新

ショートショート【思い込み】

               
               
 僕は期せずしてこうリアルにつぶやいた。        
               
               
          『 これこそが、敢えて撮るべき画ェちゃうん!(笑) 』    
               
               
               
 この週末にたまたま車の窓から目撃したその光景が、大変面白く興味深かったので
助手席にいた家内に、個人を特定できないよう後ろ姿の写メ撮影を慌てて依頼した。
               
これから書くクスッと笑えるような他愛のない 【思い込み】 なら構わないが  
笑ろてられん 【思い込み】も、日常生活では溢れかえっているので気をつけたいものだ。
               
               
               
               
               
そういえばここは、二輪車の日本グランプリが開催されるサーキット場も近くにある街だ。
               
たまたま僕が独りメシを食っているレストランの隣のテーブルで    
80年代から90年代にかけて世界の二輪(バイク)界を席巻した名レーシングライダーの
フレディ・ジュピターが、同じように独りメシを食らっていても何の不思議もない。  
               
当時と変わらない蜂蜜色のロン毛をキザにかきあげ、デザートと一緒にコーヒーを飲み終え
伝票を持ってレジへ向かうのではなく店員を呼び寄せて欧米風に席で支払いを済ませた。
               
このあと、過去に12回も優勝経験のある日本のサーキットを何年ぶりかにお忍びで訪れ
当時世話になった現地スタッフらと合流して昔話の花でも咲かせるつもりなのだろうか?
               
ただし、フレディのその格好は異様そのものと言うほかなかった。    
               
真夏にもかかわらず、くるぶしの上まで完璧に保護する革製のレーシングシューズを履き
もちろん両膝両肘は硬いパット入りの、ライダースーツバリの上下でしっかり厚着。
               
食後は座席なのにグローブを装着し、フルフェイスのヘルメットも不必要に慌てて被った。
               
ここがレストランだからまだ違和感だけで済むが、この格好で銀行へ現れようもんなら
おまわりさんが飛んで駆けつけて銃口を向けてホールドアップ要求でも何の不思議もない。
               
それでも僕はフルフェイスのヘルメットの奥に覗いた、覚えある優しく澄んだ青い瞳で
彼が憧れのフレディ・ジュピターだと直感的に嗅ぎ取ったが、その確信は不動のものだ。
               
会計を済ませた彼は、格好とは裏腹にあまりにもスマートにそのレストランをあとにしたが
彼がその格好で、現代にどんなバイクにまたがり、どんな老獪テクニックで走り去るのかの
ただその一点だけに僕の興味は凝縮して彼の背中に向けられた。    
               
こうなればもう僕は完全にミーハー、いや下手すりゃストーカーで通報されるかもしれない。
               
口に運ぶ直前に諦めた、エシャロットを包んだロ-ストビーフのことなど一切惜しまず
彼の所作を真似るように席を立たず会計を静かに済ませ      
フルフェイスのヘルメットをかぶったまま駐輪場に向かう彼の背中を静かに尾行した。
               
彼はポケットをまさぐり何かを探す風情だったが、それがどんな凄いバイクのキーなのか
どのようにエンジンを点火させクラッチを繋ぐのか僕はワクワクしながら固唾を呑んだ。
               
ほどなく彼はキーを見つけたのだろう、ウンウンと頷いて自らのバイクに向かったようだ。
               
・・・ようだ、と言うのは、僕は咄嗟に彼のモンスターマシンが始動する瞬間よりも  
そこが一般の道路とはいえ、彼のあまりにも懐かしい颯爽として衰えないアクセルワークを
駐輪場から少し先回りして、程良い距離でこの目に焼き付けておきたいと考えたからだ。
               
       だが    1分・・・2分・・・  5分・・・      
               
なかなか彼と彼のマシンは二輪車駐輪エリアから出てこない。    
               
そればかりではなく恐らくは1000ccクラス以上のエンジンから轟く重低音すら聞こえない。
               
いよいよ不思議に感じ、駐輪場の裏側の人の肩幅ほどの自転車用出口に回ってみると
フレディが、あまりにもイメージの違うママチャリをフラフラ漕いで出てきたかと思うと
漕ぐママチャリの、空気がかなり減り気味の後タイヤに視線を落とし彼はこうつぶやいた。
               
               
               
     『 アカン!俺のチャリ・・・たぶん虫ゴム劣化してしもとる! 』  
               
               
               
               
               
若い頃、エッセイストやコピーライター、そしてショートショート作家にも随分と憧れた僕の
存分な菲才さは自分が一番承知しているので、そんな無謀なことはとっとと諦めたが
この週末に偶然街で見かけた見知らぬ人のこんな後ろ姿で    
昨夜寝間で下手なショートショートが、リアルに頭の中に浮かんでなかなか眠れなかった。
               
               
201307011817_1.png              
(※この画像と本文とは何の関係もございません)              
               
               
さすがに昨夜のフレッシュな記憶を頼りに        
今こうしてショートショートとして文章に起こしてみたら、ものの10分でスラスラ書けた。
               
               
まこと独り勝手に、世界的に高名な往年の名ライダーと思い込んでしまった相手が
ただの変わった外人のオッサンで、期待に膨んだ凄いマシンとの落差を強調するため
“虫ゴム” という、今ではチャリに特化される小さいパーツを敢えてオチに込める事に加え
とても外人とは思えない流暢な大阪弁で、その可笑しさを増幅したつもりだがどうだろう?
               
               
               
               
 ・・・なんぼスラスラ書けても          
     作家のセンスなんぞ、僕には微塵もないことを再認識させられる駄作だ。(笑)
               
               
               
               
               
             
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     成功の反対は決して失敗とは限らない    
          学びの経験として必ず後に活きる    
     勇敢にチャレンジする事が大切なのだ    
       そして成功か、学びの経験を着実に得ようではないか!  
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             
  コクホー株式会社 ホームページ      
             
  国産最高級皮革ビジネスかばん      
    “國鞄” 専用WEBサイト      
             
         鞄  かばん  カバン        
            鞄屋 コクホー㈱  庄山 悟    
             
             
             

2013年06月24日(Mon)更新

【あぶデカ】<(より)あなた

               
               
  家内のユーモアセンスとシュールさは、僕なんかのそれを間違いなく凌駕する。
               
               
               
               
 僕がまだ青かったあの頃に全盛だったアイドル榊原郁恵ちゃんがキュートに歌った
【♪アルパチーノ+アランドロン<あなた】という曲に、当時自身を当てはめてニンマリした。
               
郁恵ちゃんに前後して、太田裕美が歌った【♪赤いハイヒール】という曲の中に出てきた
『アランドロンと僕を比べて、陽気に笑う君が好きだよ!』 という歌詞に再びニンマリした。
               
恋は盲目というが、きっと僕のほうがアランドロンやアルパチーノよりも素敵と言う女性が
近い将来必ず現れるとの浮ついた激励が、歌詞に内在していた両方とも名曲なのである。
               
やがて僕は恋愛し結婚して現在に至るが、両曲の激励は今も密かに信じ続けたままだ。
               
               
               
               
先日ちょっとした用事が有って家内と、二人でとある国際空港へ出向いた。  
               
夫婦が同時に、国際線出発ロビーのモニターで搭乗案内の画面に目を移したときだ。
               
一番上に表示されていた、NOW BOARDING(搭乗手続き中)の機の飛行目的地が
たまたま【アブダビ】だったのである。        
               
ようよう落ち付いて考えればワケでもないが【アブダビ】がどの国の都市(空港)だったか
一瞬だけ混乱した家内が、思わず僕に尋ねてきた。      
               
         『 パパ! アブダビ って、どこの国だっけ? 』    
               
そんな質問に、回答が用意出来ていた場合の僕は天下を取ったように饒舌に胸を張る。
               
            『 アラブ(首長国連邦)やんけ! 』      
               
これが咄嗟に出てこないとなったら、僕の反応は饒舌一転寡黙となる。  
               
               『 ・・・・・・・。(汗) 』        
               
そして、不自然に話題を切り替えるというズルい手に打って出るのが常套手段だ。(笑)
               
               
               
               
この日は梅雨の谷間でピーカン照りの一日で、僕は懐かしめの黒ぶちのサングラスだ。
               
若い頃憧れた柴田恭兵と館ひろしの主演した“あぶないデカ”【あぶデカ】気取りなのは
【アブダビ】がアラブの都市だという答えが、スッと出た自信がそれを軽率に支えた。
               
これではあ~た!質問した家内も僕のことを少しは見直すのではないかという予感が
僕を勝手に支配したのも僕には罪の無いはなしだ。      
               
               【アブダビ】 から 【あぶデカ】 ・・・    
               
だが・・・NHKの連想ゲームで、仮に岡江久美子と大和田獏が組んでも難解な連想だ。
               
しかし、榊原郁恵ちゃんと太田裕美の激励は30年以上経っても僕にまだ活きていたので
               
    【♪あぶデカ<(より)あなた】        
         あるいは 【♪あぶデカと僕を比べて、陽気に笑う君が好きだよ】  
               
家内の、尊敬の念を含んだそんな反応を期待したのは僕の迷想だけではない筈だ。
               
               
だが、現実はシビアで結婚して四半世紀に近い夫婦ともなると    
あの頃のアイドルの歌のようにはいかないことを、数十秒後に僕は痛感することとなった。
               
               
       『 アブダビ で あぶデカ? ・・・(ハハハハハ、笑) 』    
               
                       ・        
                       ・        
                       ・        
               
フィルムドラマを髣髴させる館ひろしの刑事風サングラスを掛けた僕をマジマジと見つめ
十数秒後に家内が言い放った一言は、僕を一撃必殺にする威力を充分に備えていた。
               
               
          『 あぶデカ じゃなくて あぶデブ でしょ?(笑) 』    
               
               
               
                    
 この時代に似合いもしない刑事風サングラスを掛けた      
            もうあの頃のように青くない 【あぶないデブ】 は・・・  
               
               
               
                  ・・・(もう10キロは痩せなアカンな!) とほぞを噛んだ。
               
               
               
               
               
             
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     成功の反対は決して失敗とは限らない    
          学びの経験として必ず後に活きる    
     勇敢にチャレンジする事が大切なのだ    
       そして成功か、学びの経験を着実に得ようではないか!  
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             
  コクホー株式会社 ホームページ      
             
  国産最高級皮革ビジネスかばん      
    “國鞄” 専用WEBサイト      
             
         鞄  かばん  カバン        
            鞄屋 コクホー㈱  庄山 悟    
             
             
             
次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

全国量販店、百貨店、専門店、小売店に鞄の卸を展開。 ’07 春より、国産最高級皮革鞄のオリジナルブランド        “國鞄シリーズ”をリリース ランドセル、学生鞄、ビジネス鞄、旅行鞄、スーツケース、 各種別注鞄     鞄全般を幅広く取り扱う

詳細へ

個人プロフィール

’83 カリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB)        ’83 UNIVERSITY BJ EXTENSION  終了’85 3月 近畿大学商経学部経営学科(産業組織学専攻)卒業’05 12月 総合資材卸商社 執行役員を経て’06 1月 コクホー株式会社 代表取締役社長 就任’06...

詳細へ

<<  9/2016  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメント一覧

  • :コクホー庄山[08/22]
  • お別れの夏
    • 谷口さん・・・こんにちは! 僕が大政小政と表現するように...

  • :八戸板長です。[08/19]
  • お別れの夏
    • 庄山さん・・・こんばんは! 去年のブログは、涙して読みました・・あの...

  • :コクホー庄山[08/05]
  • いわくつきよりも・・・
    • やっぱりありましたよね?子供の頃は。

  • :原守男です[08/02]
  • いわくつきよりも・・・
    • そういうのは 子供の頃ありました。純粋でしたね。

  • :コクホー庄山[08/01]
  • いわくつきよりも・・・
    • 脳裏から離れない岩海苔みたいな映像は、本当はもっと怖いのですが...

最新トラックバック

  • プラダ 財布 from プラダ 財布
    周りが見えない人々 - コクホー 代表取締役社長 庄山悟
  • 新刊『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい!』店頭展開開始! from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    新刊『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』の店頭展開が開始になりました。 昨日、FBで東京の神田啓文堂さんでの購入情報を得たのですが 大阪は今日からだと思ったので、朝一番で事務所の最寄りの書店である 紀伊国屋書店本町店さんにお邪魔したところ、まさに品出しの真っ最中でした! 書店員さんに「私の本なんです!どうぞよろしくお願いします!」とご挨拶。 そして新刊はこのよ
  • 東北6県物産展で八戸の「虎鯖 棒寿司」が阪神百貨店に from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    東北6県物産展が阪神百貨店8階催場で8月29日から9月4日まで開かれています。 この東北6県物産展に経営者会報ブログ会員谷口板長の八戸ニューシティーホテルの〆鯖「虎鯖 棒寿司」が6月の京阪百貨店守口店で行われた「東北展」に続いて登場しています。 2009年5月に阪神百貨店地下1階の食品売り場で行われた「青森味紀行/おすすめ食品市」に関西初出展から3回目の大阪で、今回も経営者会報ブログの
  • 八戸谷口さんとやっと会えました。大虎鯖! from (株)京都工芸 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 百貨店の催事で食の祭典は花形であります。 地方の有名な食材が活気もそのまま運び込まれ民謡や方言まで連れて来られます。 期間限定の出会いを食を通じて育み次の再会を待ちわびるファンが出来ていくのです。 経営者会報ブログを通じて青森県八戸の谷口さんと知り合いました。 長きにわたりブログ上のやり取りはありましたが本日関
  • 谷口さんを囲む会 in 大阪 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    本日まで開催の守口京阪百貨店で開催されている 東北6県うまいもの祭に出店するために来阪されている 八戸の谷口板長を囲む会が昨晩盛大に開催されました! 仕事を終えて集合された谷口さんが大事そうに 抱えておられたのは、夕方に庄山さんが出張メンテナンスを された息子さんからのプレゼントであるコクホーさんの鞄。 板長を囲んでワイワイガヤガヤ 来年2月、八戸での経営者会報ブ